[アプリケーションとサービス] の登録内容を書く

[会社の概要] を書き終わったら、自社のアプリケーションやサービスの登録内容を書きます。

 

1. ソフトウェア アプリケーションまたはサービスに名前を付ける。

名前は短くしましょう。平易でわかりやすい言葉を使用しましょう。現時点での情報を入力する必要があります。

要件:

  • 70 文字以内で入力してください。これは英語などのほとんどの言語に当てはまります。ロシア語やドイツ語、フィンランド語などのように長い単語が多い言語の場合は、100 字以内で入力してください。字数の制限が不確かな場合は、なるべく短く抑えることを心がけてください。
  • 既存のマイクロソフト製品と同じ名称は使えません。
  • 貴社のサービスでマイクロソフト製品を販売している場合は、サービスの名称に「販売」または「再販業者」という言葉を入れてください。例:Microsoft Dynamics 再販業者
  • 各単語の 1 文字目を大文字にします。ただし、提供サービス名が商標登録されている場合は、登録どおり記述します。
  • アプリケーションまたはサービスを複数の業界や用途に登録する場合は、登録内容を業界ごとに変える必要があります。登録するアプリケーションやサービスには、目的の業界または用途がはっきり分かる名前を付けます。

 

2. アプリケーションまたはサービスの登録内容を記述します。

次のヒントに順番に従って明瞭さと簡潔さを心がけると、わかりやすい登録内容を作成できます。

  • そのアプリケーションやサービスの内容および解決される顧客の問題を記述します。
  • そのアプリケーションまたはサービスによって強化されるマイクロソフト テクノロジ、またはそれを構築する基盤となっているマイクロソフト テクノロジは何かを記述します。
  • そのアプリケーションまたはサービスから得られるメリットは何かを箇条書きにします。

要件:

  • 250 ~ 1,800 字で入力してください。これは英語などのほとんどの言語に当てはまります。ロシア語やドイツ語、フィンランド語などのように長い単語が多い言語の場合は、2500 字以内で入力してください。字数の制限が不確かな場合は、なるべく短く抑えることを心がけてください。
  • アプリケーションまたはサービスの内容、用途、3 ~ 5 つの利点を記入します。
  • 見積もりや、URL、問い合わせ先 (会社の住所、電子メール アドレス、電話番号など) は入れないでください。
  • アプリケーションまたはサービスを複数の業界や用途に登録する場合は、登録内容を業界ごとに変える必要があります。登録するアプリケーションやサービスの説明には、目的の業界または用途ごとに異なるキーワードを使う必要があります。

入力手順

次のヒントに順番に従って明瞭さと簡潔さを心がけると、わかりやすい登録内容を作成できます。

  • そのアプリケーションやサービスの内容および解決される顧客の問題を記述します。
  • そのアプリケーションまたはサービスによって強化されるマイクロソフト テクノロジ、またはそれを構築する基盤となっているマイクロソフト テクノロジは何かを記述します。
  • そのアプリケーションまたはサービスから得られるメリットは何かを箇条書きにします。


要件:

  • 250 ~ 1,800 字で入力してください。これは英語などのほとんどの言語に当てはまります。ロシア語やドイツ語、フィンランド語などのように長い単語が多い言語の場合は、2500 字以内で入力してください。字数の制限が不確かな場合は、なるべく短く抑えることを心がけてください。
  • アプリケーションまたはサービスの内容、用途、3 ~ 5 つの利点を記入します。
  • 見積もりや、URL、問い合わせ先 (会社の住所、電子メール アドレス、電話番号など) は入れないでください。
  • アプリケーションまたはサービスを複数の業界や用途に登録する場合は、登録内容を業界ごとに変える必要があります。登録するアプリケーションやサービスの説明には、目的の業界または用途ごとに異なるキーワードを使う必要があります。
.