価格設定

有償

サポートとドキュメント

関連するアプリケーションとサービス

(株)ニュートン

イメージ処理 .NETコンポーネント 「ImageKit.NET」

作成者: (株)ニュートン




■□■□■【ImageKit.NET のコントロール】■□■□■




■ Windowsフォーム用コントロール

・ImageKitコントロール/Windowsフォーム用のスキャニング、イメージの表示

・エフェクト・ファイル処理などの各処理

・サムネイルコントロール/Windowsフォーム用のサムネイル表示処理

■ Webフォーム用コントロール

・Web ImageKitコントロール/Webフォーム用のイメージの表示

・ファイル処理など

・Web パンウィンドウコントロール/Webフォーム用のパンウィンドウ表示処理

・Web サムネイルコントロール/Webフォーム用のサムネイル表示処理




■□■□■【イメージ表示 、ファイル読込・保存機能】■□■□■








Webフォーム用のイメージ表示とパンウィンドウ機能

Webフォームのデザイン時、Web ImageKitコントロールやWeb パンウィンドウコントロールをフォーム上に配置し必要なコードを記述します。 マルチレイヤー機能

JPEGなどのラスタイメージデータとWMF、EMFといったベクトルデータとの相互運用を考えたアプリケーションの作成が可能 ベクトルデータ【WMF、EMF】の表示 ラスタイメージ及びベクトルデータの重ね合せ表示(最大100階層) 座標値のツールチップ表示 マウスのドラッグによるスクロール表示 白黒2値イメージの高精彩表示白黒2値イメージの縮小表示時のイメージのくずれを補正 スケーリング表示/実寸表示/ストレッチ表示 イメージの初期表示開始位置の指定可能 パンウィンドウ機能(ラスタデータ、ベクトルデータ)現在表示されているImageKitコントロールとは別のウィンドウ(パンウィンドウ)にそのイメージ全体と全体での位置枠を表示し、ImageKitコントロール上のイメージ表示範囲とパンウィンドウ上のイメージ位置枠をお互いの動きに連動して移動します。  
矩形選択範囲の指定機能 Webフォーム用サムネイルコントロールの提供

Webフォームのデザインで利用でき、実行時は通常のブラウザ上で表示できる、画像のサムネイル表示・選択機能を装備しています。







■□■□■【スキャニング機能】■□■□■




TWAIN対応のスキャンデバイス(イメージスキャナ、デジタルカメラ、フィルムスキャナ)から、イメージを取り込む機能を提供します。ADFはもちろん、その両面取り込みもサポートし ています。








メモリ転送圧縮形式(JPEG、PNG)をサポート ファイル転送をサポート

ファイルおよびメモリー転送時の圧縮方法を取得または設定します。圧縮方法:非圧縮(デフォルト)、PACKBITS、GROUP3-1D、GROUP3-1DEOL、 GROUP3-2D、GROUP4、JPEG、LZW、JBIG、PNG、RLE4、RLE8、BITFIELDS
ドロップアウトカラーの指定をサポート

開発者作成UIで取り込む時のドロップアウトカラーを設定します。 ノイズフィルタをサポート白黒2値画像からノイズを除去します。 イメージフィルタをサポート

画像の品質を改善します。LOWPASSはハーフトーン画像、BANDPASSはテキストが含まれる画像、HIGHPASSは線が含まれる画像に適しています。 自動用紙検知をサポート

未定義サイズ(1000)を設定すると、用紙サイズを自動検知して取り込みを行います。 デスキュー(傾き補正)をサポート

原稿の傾きを補正します。 モアレ除去をサポート

開発者作成UIで取り込む時のモアレフィルターを設定します。 アンシャープマスクをサポート

開発者作成UIで取り込む時のアンシャープマスクを設定します。 拡張ユーザインターフェイスモードをサポート

メーカ提供のユーザインターフェイスを表示するモードを設定します。 ダイナミックスレッシュホールド(自動明るさ調整機能)をサポートツブレやカスレも少なく最適な読み取りを行います。 デスキュースムージング機能をサポート

文字や線のがたつきが大幅に低減されます。 カラー白黒自動検知をサポート

原稿に応じてカラーもしくは白黒で読み取りを行います。 ADFの両面取り込みをサポート デジタルカメラのサムネイル画像の取り込みをサポート モノクロのハーフトーンの設定取り込みをサポート 取り込み時のスケール設定をサポート 取り込み時の用紙サイズの設定をサポート 設定値の有効範囲の取得可能 スキャンデバイスの選択

イメージを取り込む対象のスキャンデバイスを選択するダイアログを表示します。スキャンデバイスのデータソース名称が予めわかっている場合はこの機能は省略できます。また、ダイアログ内のデータソースのリストの取得も可能です。
メーカ提供UI(ユーザインターフェイス)と開発者作成UIの両方での取り込み方法をサポート

開発者作成UIは、オリジナルな取り込み画面を作成したい場合に利用できます。 ADF(オートドキュメントフィーダ)・デジタルカメラによる連続スキャニングをサポート(メーカ提供UI,開発者作成UI) 取り込み条件の設定(開発者作成UI)、取り込み情報(メーカ提供UI、開発者作成UI)の取得機能を提供

■取り込み条件ピクセルタイプ、取り込み位置、解像度、画素ビット数、ブライトネス、コントラスト、ガンマ訂正値、ハイライト、スレッシュホールド(しきい値)、シャドウ、取り込みインジケータ有無、取り込みモード(原稿台、ADF・デジタルカメラなど)、データソース名指定、UI選択(メーカ提供UI<取り込み後表示状態指定可>、開発者作成UI)、画像の単位種類(インチ、センチ、ピクセル…)

■取り込み情報取り込み位置、解像度、画像の単位種類(インチ、センチ、ピクセ

イメージ処理 .NETコンポーネント 「ImageKit.NET」 のレビューはまだ作成されていません。

レビューを送信

ここで表明されている意見や感想は Microsoft の見解ではありません。

スクリーンショット 1 / 3 スクリーンショット 2 / 3 スクリーンショット 3 / 3
スクリーンショット 1 / 3 スクリーンショット 2 / 3 スクリーンショット 3 / 3