株式会社日立製作所

Windows 導入環境のメインフレームとオープン環境の連携を実現。

560 Web Adaptor は、メインフレームへアクセスするアプリケーションインタフェースを標準的な Java のクラスライブラリとして提供するとともに、GUI 操作でオンライン業務を JavaBeans として部品化するためのツールを提供します。
メインフレームの環境を変更することなく、Web システムへの移行や、オープンプラットフォームとの連携がより容易に実現できます。

・Java クラスライブラリ
 UAP がメインフレームとオンライン画面の送受信をするための Java インターフェースを提供します。
 CommuniNet Application Server との連携によって、 C/S560 オンライン環境が Java アプリケーションから使用できるようになるため、JSP や Servlet を利用した Web アプリケーションなどからホストアクセスが可能になります。

・JavaBeans オーサリング機能
 オンライン業務を自動化するプログラムを作成できます。
 オンライン画面の構成やオペレーションを JavaBeans (Java を用いて部品化されたプログラム (Bean) を組み合わせたアプリケーション) として部品化できるため、UAP のコーディング量を削減できます。

560 Web Adaptor のレビューはまだ作成されていません。

レビューを送信

ここで表明されている意見や感想は Microsoft の見解ではありません。