価格設定

有償

サポートとドキュメント

会社のロゴが指定されていません。

Bizlat DRMは、インターネットを通してデジタル映像コンテンツを安全に配信するためのDRMソフトウェアパッケージです。
デジタル映像コンテンツの暗号化と視聴時に必要なライセンスキーの発行管理によって、不正視聴からデジタル映像コンテンツを保護します。

特長1:導入期間の短縮とコスト削減デジタル映像コンテンツを確実に保護するトータルパッケージ製品はBizlat DRMだけです。汎用性の高さを確保しつつ、最高のセキュリティレベルを提供します。サービス開始までに要する時間やコストを最小限に抑えます。

特長2:バリエーションに富んだライセンス発行方式に対応1つのライセンスキーで複数コンテンツを再生するグループライセンス機能もサポートしているので、シリーズ単位、学年単位、グループ単位などによるライセンスキーの発行が可能です。

特長3:あらゆるコンテンツ利用シーンをサポートダウンロード配信、ライブ配信、オンデマンド配信(プログレッシブダウンロード配信、ストリーミング配信)など、あらゆる利用シーンを想定した配信方式に対応しています。

特長4:コンテンツの暗号化ワークフローを自動化予め視聴条件を設定した所定フォルダにコンテンツファイルを投入するだけで、コンテンツの暗号化から配信サーバへのファイル転送までを自動実行します。(※オプション対応)

特長5:高速な処理スピード長さ1時間のビデオコンテンツ(2MbpsのWMVファイル)を暗号化(パッケージ)するのに必要な時間は2~3分。フォルダ単位でのパッケージにも対応しているので、大量のコンテンツを一括・短時間で暗号化することができます。

特長6:ポータル連携APIを提供すぐに使えるパッケージ製品でありながらお客様の既存ポータルとの連携にも柔軟に対応します。ライセンスキーを発行するとき、ポータル側で視聴条件を指定することができますので、会員や生徒など、ユーザごとに適切なライセンスキーを発行することが可能です。(※一部オプション対応)

特長7:ユーザフィルタリング機能の強化ライセンス発行要求を受けたユーザをフィルタリングし、許可されていないユーザにはライセンスキーを発行しません。ユーザ認証方式はカスタマイズですので、ハイレベルなセキュリティを確保できます。(※一部カスタマイズ対応)

特長8:デジタル出力、アナログ出力時に視聴制御PCにダウンロードしたデジタル映像データをデジタル出力(HDMI、SDI)等のインターフェースを用いて出力する際、視聴不可にすることができ、デジタル品質による不正コピーを防止し、著作権保護を厳格におこなうことが可能です。

Bizlat DRM のレビューはまだ作成されていません。

レビューを送信

ここで表明されている意見や感想は Microsoft の見解ではありません。