株式会社日立製作所



日立の COBOL2002 (コボル 2002) は、2002 年に制定された COBOL 第 4 次国際規格 (COBOL2002 規格) の「オブジェクト指向」「条件翻訳」などの主な新機能に対応するとともに、ビジネスアプリケーション開発の効率化のための操作性のよい開発支援ツール、COBOL 専用のエディタやデバッガなどを提供しています。また、豊富な実績を誇る日立 COBOL85 を継承し、COBOL ソースコードや COBOL 技術者のノウハウなどの貴重な既存資産を有効に活用できます。しかも、Java(TM)や
XML (eXtensible Markup Language) 連携など、COBOL による Web アプリケーション開発のサポート機能が拡充しています。 ■COBOL 第 4 次国際規格 (COBOL2002 規格) に対応 2002 年に制定された COBOL の第 4 次国際規格に世界に先駆けいち早く対応しました。開発効率を向上させる「オブジェクト指向」「条件翻訳」「利用者定義」といった COBOL2002 の新機能をサポートしています。 ■Web テクノロジーに対応 Java(TM)や XML といった最新の
Web テクノロジーと COBOL アプリケーションを連携させる機能を標準で提供しています。Web アプリケーションを信頼性の高い COBOL で開発できます。 ■ビジネスアプリケーションに適切な業務機能を豊富に用意誤差の少ない 10 進演算、多彩な文字列操作など、ビジネスアプリケーションに適した豊富な機能を提供し、高い実行性能を誇っています。 ■開発・蓄積される COBOL 資産を継承 COBOL ソースコードや COBOL 技術者のノウハウなど、貴重な COBOL 資産を今後も活用できます。たとえば、Servlet
や JSP(TM)といった Java(TM)アプリケーションから、COBOL アプリケーションを利用できます。 ■使いやすい開発ツールで開発者の作業を強力に支援新規格の言語仕様や自由形式正書法に対応した COBOL エディタ、GUI を一新し、さらに使いやすくなったテストデバッガ、Web サーバなどの分散環境においても連動起動/採取が可能なカバレージなど、パワフルで使いやすい開発ツール群を用意しています。


COBOL2002 のレビューはまだ作成されていません。

レビューを送信

ここで表明されている意見や感想は Microsoft の見解ではありません。