富士通株式会社

DP/Cライブラリ V7.1

作成者: 富士通株式会社

ホストとPC 間でのファイル・DB 連携を実現するソフトウェア。

DP/Cライブラリ V7.1 は、ホストコンピュータとパソコン間でのプログラム間通信、ファイル転送、およびデータベース連携を実現するソフトウェアです。
Windows Vista、 Windows 7、 Windows Server 2008、 Windows Server 2008 R2 上で動作します。
業務支援機能により、一般的な機能はプログラムを作成することなく実現できます。
また、富士通製の RDB にアクセスできる RDA 機能を提供。
さらに、本製品の API インタフェースを利用してプログラムを作成する開発キットを提供します。

・アプリケーション間通信・ファイル転送機能
 パソコン、ホスト間で、コネクション確率など、同等の機能を持ったインタフェースを提供します。
 また、ホスト AP/JOIN へのファイルの送信・受信機能、およびホスト上のファイルの変換機能、状態表示機能、削除機能を提供しています。

・データベース連携機能
 ホスト・サーバ間、およびサーバ・サーバ間でのデータ転送が可能です。
 また、ホストのデータベースデータと、パソコンで受信可能なファイルを相互変換することができます。

DP/Cライブラリ V7.1 のレビューはまだ作成されていません。

レビューを送信

ここで表明されている意見や感想は Microsoft の見解ではありません。