日本電気株式会社

ESMPRO/AutomaticRunningController

作成者: 日本電気株式会社
  • アプリケーションの種類

    社内アプリケーション
  • ビジネス ニーズ

    サーバーの管理とインストール
  • 互換性

    Windows Server 2008 R2 Windows Server 2012
  • 注力産業

    全般 - すべてに該当

ESMPRO/AutomaticRunningController では、あらかじめ設定した運用スケジュールにより、サーバの自動起動・自動停止、配下のクライアントの使用状況に連動して、サーバの自動起動・自動停止。無人でのサーバ運用を実現します。

自動電源制御機能を持ったSmartUPS相当無停電電源装置、多機能UPSを使用してサーバの自動運転を実現します。
スケジュールによるサーバの自動起動・自動停止はもちろん、クライアントの稼働状況やホストの接続状況など、さまざまなイベントを監視し自動制御を行います。
また、マネージャマシンからのサーバのリモート電源切断や、CLUSTERPRO又はMicrosoft Cluster Service(MSCS)との連携によるクラスタシステムでの自動運転機能の提供、ESMPRO/UPSManager(PowerChute Business Edition、PowerChute plus )あるいはESMPRO/UPSControllerとの連携による無停電電源装置の状態管理など、多種多様な電源制御を行います。

UPSを導入しない環境においても、サーバ本体の持つ機能を利用しサーバの自動リブート/シャットダウン停止による自動運転や、WakeOnLAN機能を利用したサーバのリモート起動が実現可能になります。

統合プラットフォーム管理ソフトウェアであるSigmaSystemCenter が管理するブレード構成システムにおける自動運転/電源管理については、「SigmaSystemCenter/電源管理基本パック」をご使用いただくことで実現可能です。

ESMPRO/AutomaticRunningController のレビューはまだ作成されていません。

レビューを送信

ここで表明されている意見や感想は Microsoft の見解ではありません。