日本電気株式会社

NEC PLMシステム Obbligato III

作成者: 日本電気株式会社
  • アプリケーションの種類

    社内アプリケーション
  • ビジネス ニーズ

    コンテンツ管理, 文書管理, ERP
  • 互換性

    Microsoft FAST Search Server 2010 for SharePoint Microsoft SharePoint Server 2010
  • 注力産業

    製造

NECが開発・販売する国内トップシェア(※1)PLMシステム「Obbligato III(オブリガート スリー)」は、製品開発の過程で発生する多種多様な技術情報を相互に関連付け、製品ライフサイクル全体に渡って統合管理することで、製品QCDE(品質・コスト・納期・環境対応)を向上します。

ただし、製品に関する技術情報は、PLMシステムだけではなく、ファイルサーバやその他の業務システム上にも存在しています。例えば、製品の不具合情報がクレーム管理システム上で管理されていたり、購入部品のカタログ情報が調達システム上で管理されている、というような場合です。

その場合、エンジニアが「ある製品・技術に関連する社内にあるすべての情報を参照したい」と思っても、すべてを網羅して串刺しで全文検索することはできませんでした。それぞれのシステム毎にID管理や認証が存在しているからです。

PLMシステム「Obbligato III R2.1」では、Microsoft社の製品である「SharePoint Server 2010」あるいは「FAST Search Server 2010 for SharePoint」のエンタープライズサーチ機能と連携することにより、エンジニアが必要とするすべての技術情報について、企業内のシステムを横断した一括検索を可能としました。

(※1)テクノシステムリサーチ(株)「PDM/PLMビジネス市場分析調査」より

NEC PLMシステム Obbligato III のレビューはまだ作成されていません。

レビューを送信

ここで表明されている意見や感想は Microsoft の見解ではありません。

バージョン

R2.1

リリース日

2012/07/01