富士通株式会社

Systemwalker Software Configuration Manager V14g

作成者: 富士通株式会社

仮想サーバへのソフトウェア配備・設定を自動化するツール。

Systemwalker Software Configuration Manager V14g は、システムごとに異なる OS/ミドルウェアを仮想サーバに自動配備するとともに、パラメーターを自動設定します。
そのため、プライベートクラウドにおけるシステム運用管理者の作業負担と運用コストを低減することができます。
また、状況に応じた ICT リソースの割り当てができるため、ICT リソースを有効活用することができます。

・仮想システムの自動配備
 仮想イメージ(OS/ミドルウェア)の自動配備を、システム利用者の要求に応じて実行します。
 ソフトウェアの起動に必要なパラメーターを自動設定することで、設定漏れや定義ミスの防止に役立ちます。
 また、配備時には、事前に指定されたミドルウェアの業務固有パラメーターを自動設定できます。

・システム構成をシステムテンプレートとして登録
 管理者は、お客様の環境で動作検証済みのシステム構成をシステムテンプレートとして登録することが可能です。
 一方、利用者は自らシステムの構築をすることなく、システムテンプレートから選択するだけでシステムを利用できます。

Systemwalker Software Configuration Manager V14g のレビューはまだ作成されていません。

レビューを送信

ここで表明されている意見や感想は Microsoft の見解ではありません。